obov_logo

ObstacleOvertureには、シナリオを攻略するシナリオミッションと
ユーザー対戦やトーナメントに参加するアリーナがあります。

ゲームの基本的な進め方

ゲームはパーティデッキを構築し、村にある宿屋でミッションを受け、そこで提示される課題としての敵デッキをクリアして、ストーリーを進めていくという流れになる。

game_oo_01

1.デッキを構築

まずはミッションを受けるためのパーティデッキを構築しよう。前衛(アタック要員)、後衛(ディフェンス要員)、 リーダーなど、合計9つのポジションにキャラクターカードを配置して、ミッションに登場する敵デッキを攻略していくパーティを編成だ!

game_oo_02

2.ミッション受注&デッキ派遣

パーティーデッキを構築したらさっそく宿屋でミッションを受けてみよう。ミッションには、クリアするとシナリオが進む「ストーリーミッション」と定められた条件を クリアしていく「トレーニングミッション」の2種類が用意されている。

game_oo_03

3.結果確認

ミッション受注から数日後、派遣されたパーティが帰還するのでミッションの成否と戦闘内容を確認しよう。ミッションクリアに成功すれば新しいミッションが開放されるぞ! ミッションは行動ポイントのある限り(時間やアイテムで回復)繰り返し受注することが可能だ。

ゲーム画面(ホーム)の見かた

home

[1]ステータス:プレイヤーの行動力、排気石所持数等が確認できる。
[2]アイテム:行動力回復アイテムや経験値増加アイテム等の確認や使用ができる。
[3]依頼:現在受注中のミッションが確認できる。
[4]デッキ:デッキの確認および構築が直接行える。
[5]操作説明:ゲーム操作方法等、ヘルプを表示。
[6]シナリオ名:現在読み込み中のシナリオ名を表示。
[7]宿屋:ミッションの請負とデッキの構築ができる。
[8]広場:村の住人達と会話ができる。
[9]村長宅:村長の家。カード(ランダムパック系)を購入できる。
[10]神殿:カード(防具アイテム系)が購入できる。
[11]術式屋:カード(術式アイテム系)が購入できる。
[12]武器屋:カード(武器アイテム系)が購入できる。
[13]訓練所:カード(職業系)が購入できる。
[14]秘書:秘書キャラクターを設定できる。
[15]LOG:戦闘LOG(記録)とコンボリストの確認ができる。
[16]ショップ:アイテムを購入できる。
[17]図鑑:取得したカードが登録される図鑑。
[18]カレンダー:ゲーム内の曜日を表示。
[19]MENU:ショートカットメニューを表示。
[20]画面名:画面名表示。
[21]ニックネーム&レベル:ニックネームとレベルを表示。
[22]行動力:現在の行動力と全回復までの予定時間を表示。(3分で1回復)
[23]拝気石:アイテムやサービスを購入できる貴石数。(課金アイテム)
[24]KIN:カードパックやカード経験値を購入できるゲーム内通貨の通貨の所持数。
[25]お知らせ:イベント情報や不具合報告等、運営からのお知らせを表示。
[26]設定:BGMのON/OFF等、ゲームのコンフィグ画面へ。

TIPS:ミッションの結果を見るために日数を進ませたい場合、村の何処かに出入りすることで一日が経過する。特に用が無い場合、広場へ行くとミッション進行に合わせた自分達の状況を見ることが出来てスマートに進行出来る。

デッキ構築ガイド

まずはミッションを受けるためのパーティデッキを構築しよう。前衛(アタック要員)、後衛(ディフェンス要員)、リーダーなど、合計9つのポジションにキャラクターカードを配置して、課題としての敵デッキを攻略していくパーティを編成だ。ゲームではあらかじめオーソドックスなサンプルデッキが用意されているので、ルールに慣れるまでは、それをもとに改良を加えていくのがオススメ。

キャラクターカード

game_oo_05

本作に登場するキャラクターカードは戦士や僧侶といったそれぞれ何かしらの職業に就いており、それぞれ固有のスキルを持っている。また体力や攻撃力など、そのステータスは、 おおむねその見た目に近い数値が割り振られているが、中にはとんでもないステータスを持つキャラクターもいたりするので、新しいキャラクターカードを入手した際には、必ず図鑑やデッキ編成画面等で確認してみよう。本作の戦闘はターン制のオートバトル。つまりプレイヤーは戦闘中に指示を出すことができないゲームのため、まずはそれぞれのキャラクターの特徴や行動パターンを理解することが何よりも大事!

Style:キャラクター(職業)名。
Class:職業の系統。いろいろな率や追加ダメージの計算に用いられる。
・FIGHTER =戦闘系
・STRIDER =射撃系
・WITCHER =術式系
・COMMANDER =指揮系
Type:特性
・NORMAL =通常型
・LIGHT =軽量型
・MALE =男性型
Rarity:レアリティ 松<竹<梅<王<帝
ステータス:パーティデッキの能力値の基礎になるもの。
・COS =コスト
・HP =体力総数
・MP =行動力総数
・ATK =物理攻撃力
・DEF =物理防御力
・MAG =術式攻撃力
・MGR =術式防御力
・INV =イニシアチブ(主導権)
属性値:得意属性か苦手属性かを表示。
ポジションデータ:置いた先のポジションで、どのような行動を取るかを表示。

パーティデッキ概要

game_oo_06

デッキの構成は、ATK(攻撃要員)、DEF(防御要員)・SP ATK/DEF(SP ターンの攻撃 / 防御要員)、LEADER(指揮官)に分かれていて、どこに何のキャラクターを置いていくかでパーティの性質が変わる。例えば攻撃のポジションにパラディンを配置すれば攻撃時に突撃を。メイジを置けば術式を。レンジャーなら射撃を行う。防御も同様で、防御ポジションにソルジャーを置けば防御を。シーフなら回避、メイジなら術式防御といった感じだ。 60、30、10の数値はそのまま選択のされやすさをパーセンテージで示したものであり、選ばれにくいものほど強力な行動をする傾向にある。これら幾つかのルールを理解した上で、目的に合わせたオリジナルのパーティデッキを構築していこう。

[1]通常 ATK ポジション:通常ターン(2,3,4,6,7,8,10ターン)の攻撃フェイズに行動するポジション。
[2]通常 DEF ポジション:通常ターン(2,3,4,6,7,8,10ターン)の防御フェイズに行動するポジション。
[3]LEADER ポジション:常時的な特殊効果を用いるポジション。
[4]SP DEF ポジション:スペシャルターン(1,5,9ターン)の防御フェイズに行動するポジション。
[5]SP ATK ポジション:スペシャルターン(1,5,9ターン)の攻撃フェイズに行動するポジション。
[6]PARTY COS:パーティ全体のCOSの総合計。COSが上限を超えるパーティデッキは作れない。
[7]PARTY HP:パーティ全体のHPの総合計。これが0になると負けとなる。
[8]PARTY MP:パーティ全体のMPの総合計。行動すると減少。
[9]PARTY ATK:ATK系ポジションにいるキャラクターATK総合計。物理攻撃力を示す。
[10]PARTY DEF:DEF系ポジションにいるキャラクターDEF総合計。物理防御力を示す。
[11]PARTY MAG:ATK系ポジションにいるキャラクターMAG総合計。術式攻撃力を示す。
[12]PARTY MGR:DEF系ポジションにいるキャラクターMGR総合計。術式防御力を示す。
[13]PARTY INV:パーティ全体のINVの総合計。各ターンの先攻後攻を決める。
[14]属性値:パーティの得意属性と苦手属性を表示。

ポジションデータ

game_oo_07

キャラクターカードは、一枚で、通常ATK,DEFなど9ポジションの効果をそれぞれ持ち、置いた先で個別の効果を発動するようあらかじめ設定されている。たとえばシーフ通常型は、置かれたポジションごとに、次のような行動を取る。

【LEADER】
特殊効果:「避けフォロー」回 避に失敗したとき味方のダメージを10%減少する
【SPATK】
行動:攻撃 特殊効果:「累積は力也」味方のPARTYINVに50を加算する。累積する
【ATK60】
行動:攻撃
特殊効果:なし
【ATK30】
行動:射撃
特殊効果:なし
【ATK10】
行動:攻撃 特殊効果:「似た者攻撃」 敵のダメージに敵のCOMMANDER数×80を加算する
【SPDEF】
行動:「STRIDER回避8」 回避率は味方STRIDER数×8
特殊効果:「追加回避」 1回発動後、味方の回避率が60以下なら3ターン、回避率を15下げる
【DEF60】
行動:「STRIDER回避7」 回避率は味方STRIDER数×7
特殊効果:なし
【DEF30】
行動:「STRIDER回避8」 回避率は味方STRIDER数×8
特殊効果:なし
【DEF10】
行動:「STRIDER回避10」 回避率は味方STRIDER数×10
特殊効果:なし

各クラスの特徴

game_oo_08

<COMMANDER系>
ワイズマン、ギャンブラー

ターン制御、行動制御を持つ指揮系職業。パーティデッキに組み込む位置によっては敵味方を巻き込むような効果を発揮するため、配置には注意を要する。だが効果を理解して戦術を組むことができればかなり強力。ステータス支援/妨害等でパーティを支える縁の下の力持ち的存在。

game_oo_09

<FIGHTER系>
パラディン、ソルジャー

高いHPを有し、攻撃、防御、に優れた近接攻撃のエキスパート。高コストだがスキルに優れるパラディン、行動は攻撃と防御のみだが単純故に使いやすいソルジャーなどがある。パラディンの持つ前進移動しながら攻撃する「突撃」は、 飛び道具主体のデッキに絶大な威力を誇る。

game_oo_10

<STRIDER系>
シーフ、レンジャー

主に射撃、回避に秀でたクラス。攻撃の威力が半減するLONGでも、彼女達の多くが使う射撃はそのペナルティがない(逆にNEARだと半減)。つまり遠距離主体だ。また回避は回避判定に成功すればノーダメージ、失敗すればフルダメージ。ギャンブル性は高いが回避に特化したデッキを組める。

game_oo_11

<WITCHER系>
プリースト、メイジ

術式防御、術式攻撃を持つ職業。防御行動を中心に回復系が揃っているプリースト、強力な術式攻撃を扱えるが、HPが少なくリスクも高いメイジなどがある。どちらもクセが強いが、目的に合わせてチョイスできれば効果は絶大!

さらにキャラクターカードは 一職業につき、2~3種類の派生系が存在する!

game_oo_12

【通常型】

その職業の代表的、平均的な存在。行動時の特殊効果もシンプルで扱いやすいものが多い。

game_oo_13

【LT型】

軽装型。その職玉の装備類をパージしたもの。COSは下がるがその分HPとDEFも低い。INVが高く特殊効果が豊富なキャラクターが多い。

game_oo_14

【MA型】

男性型。その職業の男性バージョン。HPとDEFが高いがINVなどが下がる傾向にある。こちらも特殊効果が豊富。職業によっては男性型がない場合もある。